スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.21.03:10

 本当のあなたは、自然と一体の存在、いや自然そのものなのです。本来のあなたという意識は、自然の法則、全体の意識に反して進むと苦しくなっていくということです。今のあなたがどんな状況にあるかは知りませんが、今のまま進めば、どんなに抵抗しようとも、あなたはどんどん身動きが取れない状況に近づいていくことになります。今の生き方を続けるのも、この事実を認めないのもあなたの自由ですが、『すべての問題の原因は自分自身にしかないこと、そして、自分のしたことはすべて自分に戻ってくるということを知っておいてください』とだけお伝えしておきます。

 今この時期、地球の意識は、自然に、正直に生きることを選択しました。地球は自分の生き方にあわない人間は、もういらないのです。あなたが自分の肉体に止まった蚊を殺すのと同じように、地球も自分が心地悪い人間を殺すことができるのです。地震も噴火も台風も、地球という意識が自分の体で起こしていることなのです。あなたが今までの生き方を続けるほど苦しくなります。自然と逆行している人間が創りだした方法では、地球上の混乱は収拾できません。わかりやすく言えば、今までは、地球の意識が、あなたのわがままをある程度許してくれていたのです。でも、この先は、自然に反すると、どんどんきつくなっていきます。

 天変地異は、この先もたくさん起きます。でもそれは、「地球の復讐」などという恐ろしいものではなくて、『あなたの生き方は逆さまですよ、一人一人が自分自身の本当の姿を思い出してくださいよ、自然に、自由に生きてよいのですよ』と気づかせてくれているお知らせです。あなたに対する地球の最後の優しさなのです。地球が、宇宙がその気になれば、人間をすべて抹殺することは簡単です。アトランティスやムーの伝説、ノアの方舟の話はこれを教えてくれているのです。

 『ありえないこと』ということはありえません。何が、ありえないのでしょうか?『そんなことはありえない』の「そんなこと」があなたに認識できなければ、このセリフは言えません。ありえないことなら目の前には存在しません。『ありえない』とは言えません。『それが存在したかどうか』を議論するよりも、こういう見方をすることが自分のためになるということを知ってください。今のあなたは形の世界の有無にこだわっています。でも真実は『イメージしたものはすべて形になる』ということですから、ありえないことはありえません。あなたにとってありえなかっただけです。

 すべての不思議は、『それが何を教えてくれているのか』という見方をすると答えが見えてきます。ノストラダムス等の予言も、そのままいくとどうなるかを教えているものだったのです。具体的に何が起きるかは、その時にならないとわかりません。ただ一つ、人類にとって『最悪の事態』を避ける方法は、自然に生きることです。自己啓発セミナー、超常現象、心霊現象、超能力、チャネリング、UFO、予言、瞑想、気功、リラクゼーション、宗教、占い等々、目に見えないものや、『こころ』を扱うものに関心が集まっていることは、そういう生き方を始める時期であることを教えているのです。そして、混乱を収拾するヒントが、それらを通して、様々な情報として提供されています。

 この流れに従うか、今までの生き方を続けるか。それはあなたの選択にまかされていますが、こういうものが流行しているという現象、先行き不透明な社会状況という事実が目の前にあるのです。このままいくとどういうことになるのか?それを、一部分見せてくれているのが『自然災害』なのです。人間から見ると災害ですが、地球が、今までの生き方を続けていくとどういうことになるのか?それを、一部分で見せてくれているのが『自然災害』なのです。人間から見ると災害ですが、地球が、今までの生き方を続けていくとどうなるかを予告してくれているのです。早く気づいてくださいよ、と。地球にしてみると『災害』なんて迷惑な話です。でも、文句も言わずに、自らの体を傷つけて教えてくれているのです。あえて言えば、本当の「被害者」は地球のほうです。あなたは、本当に「害」を受けたのですか?あなたの失ったものは本当にあなたのものですか?自分のものだと主張するならば、「失った」ものを自分の力で自由に作れるはずです。自分で作れるのに『取られた』と主張するならば、わざと仕事をサボって因縁をつけている悪ガキですから、助けてやる必要はないですよね。強いて言うなら『所有権の侵害』を主張する資格は、資源をタダで取り荒らされている地球にしかありません。

 ここでも『自分に起きたことを人のせいにする』生き方が反映しています。そういう見方を自動的に、気づかずに、あたりまえだからとやっているのです。『された』『言われた』『あんたのせいだ』というやつです。そこで死んだ人々はすべて、意識のレベルでそれに同意してきているのです。人間から見ると、悲しいことですが、魂のレベルでは、形は関係ないのです。単にあなたがつらいだけです。その人がつらいかどうかは、あなたには分かりません。その人が言ったのですか?『かわいそうに決まっているじゃないか』というかもしれません。それはあなたがそう決めていることです。あくまでも、それはあなたの悲しみであって、責任転嫁は、あなたが、自分の悲しみから逃れる方便です。こういう考え方をすると、『人間じゃない』と言われるかも知れませんが、これが宇宙の本当の姿なのです。

 感情も価値判断も抜きで、起きていることをそのまま見るのです。『その人が可哀想なのか』『その人がいなくなった自分が可哀想なのか』見てください。今のあなたの肉体の視点で言えば、あなたは今まで何回も死んでいるのです。でも、あなたの本体である意識は一度も死んでいません。あなたは、本当は、すべて知っているのです。今のあなたは、人間の視点から見た感情的な見方をいろいろと教えられて、それを真実だと思い込んでいるだけに過ぎません。人間とはいったい何者でしょうか?あなたは誰ですか?自分とは何でしょうか?あなたはここで何をしているのですか?あなたは死んだらどうなるのですか?あなたは、これらの問いにはっきり答えられますか?

 何が真実かは、あなたが決めればいいことです。あなたは、たくさんの常識、観念を持っています。誰かに植え付けられたとしても、それを選択しないことも可能だったのです。でも、あなたはそれをしませんでした。その結果、あなたは、今までの世界で傷つかないで、死なないで生きるために使えそうな常識や観念をたくさん身につけて、自分に都合がよい内なるメガネを作り出しました。そのメガネから見ると、ここで提案していることは、認められない、許せない、受け入れられない、ありえない、ことかもしれません。あなたは、今となっては、常識とか、人道とか、義務とか、死とか、時間とか、もともとは、人間の都合で作り出した幻想を真実として、いや、あたかも絶対法則であるかのように本気で思い込んでしまっています。
 
 

 七

2011.05.21.12:49

 
 私もこの部分に関しては、最後まで、この見方を受け入れるのに抵抗がありました。今までのメガネを外すには勇気がいります。でも、あなたという存在の一部である感情の部分が今までの生き方、人間関係に大きく影響しているのです。感情というのはすべて自分が創りだしているのだ、自分の責任なのだ、と理解できたときに、あなたは楽になっていきます。あなたは今まで、ありもしない『何かや誰かが自分に何かしている』という妄想に囚われていただけです。結局は、自分という存在の消滅を恐れているだけ、自分で作り上げた幻想を勝手に怖がっているだけ、の一人芝居です。実際には、そんな現実は存在しなかったのですが。

 私を批判してくれても構いません。ただ、この先に起きる出来事はすべてあなたの本当の姿を教えてくれるものばかりだということです。今までの見方で解釈していると、どんどん苦しくなってきます。何が起きているのか、見えなくなっていきます。変なこと、おかしいこと、異常なこと、自分にとって都合の悪いこと、自分が損するように見えることばかりが起きているように見えます。どんどん混乱していくように見えます。古い価値判断を捨てて、起きている現象そのものを見て、新しい見方で、宇宙の視点で解釈していくことで、今起きていることの真意が見えてきます。

 これが真実なのかどうか。それは、あなたの選択次第で、あなたが自分自身で体験していくことになります。あなたが信じたいものを信じればよいのですが、あなたが新しい見方で生きていけば、『自分の本当の姿に従って生きることが、いちばん楽に生きられるのだ』ということを教えてくれていることがわかります。

 あなたは、逆の意味で、今までも宇宙のシステムに従って様々な体験をしてきたのです。宇宙は、本当は安らぎの世界です。あなたのいう『天国』を今ここで体験できるのです。信じられないのは今まで体験していない部分だからです。あなたが信じていない分だけ、自分自身で天国を隠しているのです。それが、あなたの人生の真実です。あなた次第で、今この世界で本当の自由、天国を体験することができます。あなたは死んだらどうなるのですか?天国とはどんな世界なのでしょう?それは本当に真実なのですか?

 すべては、あなたが誰かから学んできた材料で作り上げたイメージです。直感や閃きすら、あなたの創り出した幻想です。『ひらめいた』という表現は、自分以外の何かの力が働いた結果だということになります。自分の考えと閃きをもたらす何かとの二つのものが、あなたの人生を操っていることになります。だから、運命とか、偶然とか、奇跡とか、神頼みとか、そういう言葉が氾濫することになるのです。自分の考えも、閃きも、両方とも同じことです。あなたがどのくらい枠をはめているかという問題であって、あなたが価値判断を捨てて動けば、閃きの正体がわかります。そして、すべて自分が作った現実だったと気づきます。

 本当の天国には戦いはありません。天国しかないならば、天国という言葉すらありません。自分というイメージすらありません。あなたは、ただ、安らぎが欲しいだけです。あなたの楽の裏に苦があるならば、それは幻想の楽です。何かと何かを比べているならば、それは、分裂した世界です。あなたは、自分が自由になるために、死ぬまで待つ必要も、天国に行くために何かする必要もないのです。でも、自分で作り出した戦いの世界を捨てるための戦いは避けられません。自分が作った幻想を消せるのは自分しかいません。今つかんでいる縄を離さない限り、自由にはなりません。

 地球上にはたくさんの宗教があります。宗教の源は一つです。本来は、争うこと自体が矛盾しているのです。次々に伝えられていく間に、本当の意味が失われ、都合のよいようにどんどん解釈が変わっていったのです。どっちが正しいかという議論も含めて、多かれ少なかれ、それぞれの人間の利害が絡み、人間の解釈が本来の意味するものを見えなくしてしまったのです。人類の『伝言ゲーム』が創りだした現象であり、それが、今ある宗教の正体です。あなたがどんな神や仏を信じていようとも、また、無神論だと言おうとも、結局は、あなたはあなたを信じているのです。今ある宗教、あえて言えば、科学や常識もそうですが、表面だけ見ていても、そこには、あなたを自由にする方法はありません。どこでどう変わったのかを今更探っても意味はありません。あなたの目の前、今ここにあるものを見ればよいのです。それぞれの教典が何を言っているのか、いろいろな人の言うことを聞いてみてください。自分はどう思うか?どう感じるか?その答えが、あなたにとっての神です。でも、本当は、あなたを救えるのは、自分の力を封印した自分、つまり、あなたしかいないのです。あなたの救世主は自分です。

 本当は『あなた自身が「すべて」知っている』のです。あなたを救えるのは、あなたを楽にできるのは、あなただけなのです。あなたが、あなたを天国にも地獄にもできる、あなたにとっての唯一の神です。『あなたを見なさい』『自分を信じなさい』『自分の神性を思い出しなさい』というメッセージがすべての宗教の底に流れているものです。あなたが「何か」を信じたとしても、それは『自分自身の中にあるもの』『自分がすでに持っているもの』です。あなたが持っているものを外に見つけただけです。あなたはその宗教を信じているのではなくて、あなたを信じているのです。

 あなた自身が宗教そのものです。あなたが『信じていない』と言っているときも、あなたは、『信じていない』といっているあなた自身を信じているのです。何を信じるかはあなたの自由です。でも、あなたが信じているものはすべてあなたの中にあるということを覚えておいてください。本来の宗教はあなたの中にあるのです。あなたを救えるのはあなただけなのです。あなただけが、どうすれば自分が楽しめるか、安らかになるか、そして、どうすれば自分が苦しむか、悲しむかを知っているのです。あなたがそれが欲しいならば、あるいは、欲しくないならば、本当に、心底から自分自身に正直になって行動するだけでよいのです。死んだあとも、あなたの体験する現実に責任をとってくれるのは自分だけです。あなたが長い間忘れていた『生死時空を超えた自由の道』を思い出してください。

 人生は、あなたの見方によって、苦しくも、楽しくもなるのです。死そのものが悲しいのではありません。人が死んだときは悲しいけれど、何年かすると見え方が変わる人もいます。死そのものが悲しい現象ならば、いつまでたっても悲しみが続きます。誰が体験しても悲しい出来事だということになります。悲しい人だらけになってしまいます。ところが、普段は楽しくて仕方ないことがある、でも、命日が近づいていると気づくと急に悲しくなる人もいれば、死んだことを喜ぶ人もいます。反対に、子供の誕生や結婚そのものがおめでたいわけではありません。すべては一人一人の意味づけの違いが作る感情的な反応です。人数が多い少ないの問題ではありません。本来は、意味づけや価値観に善悪はありません。どんな行動をとるかは自由です。ある行動を強制するところにトラブルの種があります。すべては、制限をはめた世界がつくる幻覚です。
 

 八

2011.05.21.19:00

 
 あなたの価値観が、あなたのすべてのフィーリングを決めます。あなたがどんなフィーリングを感じるかは、あなたがどんな価値観をもっているか、あなたが何を見ているのか、あなたが何を気にしているのか、が決めるのです。あなたが見方を変えれば、見えるものが変わります。感情が変化します。あなたが『それはできない』と言えば、変わりません。あなたがその感情を体験し続けるかどうかは、あなた次第なのです。

 『すべてを自分が創り出している』ことを認めない限り、あなたは完全に自由にはなりません。それでもよいならば、それもあなたの自由です。本当はどうなのか、正直に見てください。本人が自覚しているかどうかは別にして、すべては、同意の上の出会いです。あなたが戦いの世界で完全なる自由を体験できると思うならば、そのまま続ければいいことです。でも、それは実現しません。あなた(もちろん、あなた以外の人も)の現実は自分自身の創り出したものです。誰かのせいだという、その見方も、あなただけの見方です。あなたがそれを、常識だ、普遍的真理だ、と言うならば、それもあなたの見方です。このトリックに気づいて、自分自身でそこから抜けない限り、あなたは『完全なる不自由』な現実を体験することになります。

 すべては、あなたの思い通りになっているのです。この意味がわかったとき、あなたは本当に自由になります。この意味がわからない人は、あなたに反発します。でも、それもその人の意見に過ぎません。誰かが誰かを無条件に操作できるとしたら、絶対に、誰もが完全に自由になる天国はできません。つまり、問題は何も解決することはできません。そして、責任転嫁が激しくなり、最後の最後は、本当に修羅の地獄の殺し合いの現実が展開することになってしまいます。ウソだと思うのも自由です。要は、すべて、自分自身が創り出す現実を自分が体験するだけだということです。

 生死時空を越えた絶対普遍の法則に基づく創造メカニズムです。後で捨てるのは自由ですから、一度、この見方で考えてみてください。生きてみてください。

 あなたがあなたを制限しているから制限の現実を体験するのです。あなた以外の大多数が制限の世界を選択していれば、それが社会システムとなります。そして、その世界を壊す怖れのある行為を法律で禁止して、犯罪という名での制限が続きます。しかし、今の世界で言うところの罪というのは、単に法律違反のことを意味しているだけで、絶対的な「犯罪行為」というものはありません。その社会システムの維持に都合が悪いという理由で誰かが禁止した行為をしたいのにできないというエネルギーが蓄積されていきます。どんなに社会システムの維持を画策しようとも、その蓄積されたエネルギーが究極まで溜まった時に結局、そのシステムが一気に崩壊することになります。崩壊を避けるほど崩壊が加速する、という矛盾が生じます。

 自由を制限した中での自由は本当の自由ではありません。でも、それを選ぶのも自由です。そして、それを選ばないことも、もっと苦しくなってから選ぶことも、あなたの自由です。誰かに迷惑だからとか、社会が、常識が、と言う自由もあります。あなたは、まだ、本当の意味での自己責任、自由選択をしたことがありません。本当の自己責任をとれば本当の自由が体験できます。

 この本で提案しているのは、前例のない初めての生き方です。創造のメカニズムは、あなたの選択した通りにあなたが体験するということです。今までもそうです。誰かのせいにすれば、誰かのせいに見えます。すべては、あなたの創り出している現実です。つまり、あなたの自由を奪っている張本人、あなたの人生を呪う悪魔は、あなたの邪魔をしていた存在は、何を隠そう、他ならぬあなた自身だったということです。あなた以外に犯人を捜していたあなたは冤罪をかぶせ続けていたのです。さて、あなたはどうしますか?もちろん、この提案と戦い続けることもできますが。

 あなたは二つの感情を同時に感じることはできません。あなたが気にしていることが、その感情を創りだしているといるということです。あなたが何を気にしているか?あなたが意識を合わせたことを、あなたは肉体のフィーリングとして感じるのです。あなたが何かで怒っている時でも、楽しいテレビが始まると、あなたは、大笑いします。そして、誰かに『サッキ何か怒ってなかった?と言われると急にそこに焦点を合わせて、怒りだします。あなたが本当のメカニズムをマスターすれば、完全に感情をコントロールできます。言い換えれば、誰かの脅しに怯えることも、甘い言葉に騙されることもなく、喜怒哀楽に振り回されることもなく、平静を保って、安らかに、落ち着いて、好きなことを、心ゆくまで堪能することができるのです。あなたの態度次第で、この世でも天国になれるのです。

『思い出す』というのは、あなたが持っているものを見るということです。『忘れる』というのは、分裂した思考を持つあなたが別のものを見ている時に、片方が見えなくなることです。あなたが焦点をあわせて見ているものが今いちばん欲しいものです。あなたが見たくないと思っている時も、そのイメージ、心の映像に焦点をあてていますから、その「恐れているもの」が欲しいものです。あなたが過去や未来に生きることをやめれば、あなたには、過去の体験も、未来の期待も消えます。その時その時に必要なことだけに焦点をあわせるからです。あなたが学んだこと、体験したことは、すべてあなたの意識に残ります。忘れることはありえません。あなたが本当に自由になった時『忘れる』『思い出す』という意味づけは意味を失います。

 あなたは、どんな見方をしてもいいのです。あなたの自由です。あなたは、あなたを箱に入れることも、箱から出すこともできます。誰かがあなたを箱に入れたり出したりしたわけではありません。もし、誰かが自分を箱に入れたんだ、と思うなら、それもあなたが選んだ選択の生み出す現実です。あなたは永遠の戦いの中にいることになります。あなたは、あなたの外に神を探し続けることになります。実際は、あなた以外にあなたの人生をコントロールすることはできません。あなた以外にあなたを洗脳できる存在は存在しません。あなたが誰かに依存していると誰かに洗脳されたと思う現実を体験します。そして、その誰かを責め続けることになります。あなたに催眠術をかけているのは、あなたです。あなたの生殺与奪の権を握っている唯一の存在は、あなたです。言い換えれば、あなたがあなたの創造者、あなたがあなたの神(悪魔)です。

 ここに書いてあることは、すべて嘘のようなホントの話です。信じられない、バカげた、現実離れした話のように見えるかもしれません。自分にはとてもできそうにないと見えるかもしれません。でも、それも、あなたがそういうふうに見ているからそう見えているに過ぎません。『自分の見たいように見えている』のが真実です。これは今までも、今も、これからも、すべての人に働いているシステムなのです。あなたは、今までも、そして、この本を読んでいる今も、このシステムに従ってすべてを体験し続けているだけです。

 
 

 

2011.05.22.05:10


 これは、あなたの言う「宗教」ではありません。れっきとした科学です。誰でも同じ結果を得られる法則です。あなたが『信じない』と言ったとしても、信じない場合の現実を体験するということです。あなたがどちらを選ぼうとも、この法則は証明されます。正しいかどうかの議論をしても意味がありません。要は、あなたがやり方を切り替えるかどうかの問題です。どちらにしろ、あなたが逆様の生き方をした分だけ、本当の人生に戻る苦労が増えるだけのことです。あなたの持つ怖れを増やすか減らすかの問題です。ゲームそのものの法則は変わっていません。あなたはただ単に、ゲームのプログラムを入れ替えるだけでよいのです。

 すべての人、いや、万象万物に働くたった一つの法則に従って、あなたの体験が決まっているのです。偶然や奇跡というものは存在しません。あなたの現実の中であなたがそういう感じ方をしているだけです。すべては、ただ一つの創造メカニズムによって創られています。それを今までと反対の方向に使いはじめるだけでよいのです。今までは天国を作っているつもりで、実際は、地獄を作っていたのです。自然を破壊して作った、箱の中で天国を作っていたのです。自然を破壊して作った、箱の中で天国を作っていただけです。逆に使うということは、壊したものを返すということです。つまり、今まで手に入れたものを一旦手放す必要があります。もし、今のまま進んだとしたら、その先に待っているのは、天国とは逆様の世界になります。あなたは、陰陽、善悪、損得の世界で光だけを追いかけるゲームをしていました。光と闇は裏表です。便利になるほど問題も増えます。進歩するほど問題が複雑になります。光と影が常に同居する世界では、本当の安心はありません。あなたが本気で自由を求めているなら、それが実現する方法があるのです。あなた次第です。

 この方法を使うのに何の資格も制限もありません。人種も国籍も家族の状況も犯罪歴も学歴も経済力も今までのあなたは何も関係ありません。生死も時空も超えて使える方法です。その結果は行動したあなただけに分かります。起きたことが、表面上どう見えようとも、たとえ悪くなっているように見えても、形は変わっていないようでも、周りの人がどんな風に見えていようとも、その成果はあなただけに分かるのです。あなたが自分自身に正直になるにしたがって、望んでいる結果が起きやすくなっていくのを体験していきます。そして、いつの間にか『夢』
が実現しているのに気づくことになるのです。あなたが行動するだけで、その現実を体験できます。ただ、夢の実現までには、あなたが今まで何かのせいにしただけの辛抱が必要です。でも、今やらなければもっと辛抱が必要になります。あなたがいつまで戦い続けるか、の問題です。

 あなたにとっては、すべて、まだ起きていないことです。信じて行動した人だけに効果が現れます。誰かの真似をすることはできません。すべてのプロセスは一人一人の中で、進行していきます。外から見ても分かりません。あなたはいつの間にか、置いていかれているかもしれません。でも、慌てる必要もありません。どうするかは、あなたが決めることです。人に説明する必要も、許可を取る必要も、承認を得る必要もありません。言わば、完全に100%自分勝手な生き方です。

 誰かのために生きているつもりでも、結局は、始めから『他人のために生きるという自分勝手な生き方』をしているのです。他人のために生きることで自分を満足させているだけなのです。「超自分」勝手な生き方が、本当に自由な、誰にも迷惑をかけない、絶対安全な生き方です。もちろん、今までの生き方が作り出す錯覚の現実の中で生きている人は、抵抗したり、批判したりしますが、それも、その人の独り言です。実は、あなたを批判する人はあなたしかいないのです。

 あなたがあなたを批判するのは、自由が未知で怖いからです。そして、その批判に同調する誰かを目の前に引き付けて、その誰かさんがいるからできないのだ、と思い込むことによって、自分が怖いだけだ、という現実を見ようとしないに過ぎません。自由になりたいのに自由に抵抗するという矛盾したゲームをやめない限り、自由にはなれません。あなた自身が意を決して「恐れ」に飛び込むことが自由への第一歩なのです。

 要は、あなたが楽をしたいだけなのです。でも、それと引き換えに、あなたは心配と不安から逃れられません。あなたとあなたの戦争を生き残れるかどうか、あなたがそれに耐え切れるかどうかが鍵です。逆説的ですが、これが、あなたがあなたに嵌めたトリックです。そのトリックを外せるのは、あなたしかいません。

「超自分」勝手。本当の意味の自分勝手な生き方です。100%自分を生きるのは、実は、簡単なことではありません。100%心配しないで生きることはできますか?まずは、あなたのあなた自身に対する自己審判をすべて棚上げすることです。あなたを裁いているのは、他でもない、あなたなのです。あなたがあなたを裁く理由はどこにもありません。誰も責めないで自分勝手な生き方をするだけのことです。人の選択を自由にしてあげて、自分も自由に生きるのです。正確に言えば、自由にしてあげる、というのも間違いです。まだ、人のことを気にしているからです。あなたができることは交渉だけです。お互いの本当の同意の上で、夢を実現するプロセスを歩んでいくということです。

 誰かが自分勝手をしている時、その自分勝手をしている人を責めているあなたは、今までの自分勝手をしていることになります。自分がしたいことをするために、人をコントロールしようとする生き方です。でも、今までの生き方を否定するわけではありません。それも一つの生き方として置いておき、自分は別の生き方をする、ということです。自分がどれを選ぶかということです。その選択肢として、一つの情報として、こういう生き方があるということです。絶対確実な方法ですが、どうするかはあなたが決めてください。この方法を選択する人は、人生の素晴らしさを体験することができます。そして、より効果的に実行できるようなサポートや情報を私が提供できるということです。

 私は、その為のテクニックと、そのプロセスで感じる障害をクリアしていくためのサポートができるように、お先にやらせてもらっただけです。この文章自体も、このシステムを自分のために有効に使いつづけた結果、書けるようになったものです。私の『夢』というのは、このシステムを皆さんが有効に使って最高の人生を送れるような情報を提供する仕事をすることです。自分自身がそれを実際に使いつづけることで、自分の夢を実現すると同時に、皆さんをサポートできるようにそれ自体を研究するプロセスだったのです。

 

 

2011.05.22.12:05


 私は、この生き方を実行していくなかで、たくさんの体験をしてきました。様々な障害を体験し、それをどう切り抜けていったらよいのかということもたくさん学びました。そのプロセスの中で『これをすることが私のこの世界での役割なのだ』という情報も得られたのです。自分自身が自由になると同時に、この情報が提供できるようになるために必要な体験をすべく、すべてのプロセスが準備されていたのです。自分が自分自身に正直に行動することで、それを一つずつ体験していったのです。今までの成功者と言われている人達も、気づいているかどうかは別にして、このシステムの使い方を体験から身につけていたのです。

 このシステムは、使い方によって自分を不幸にも幸福にもできます。実は、切り替えの機会は、今までもありました。でも、あなたはその機会を逃してきました。その現実はあなたがたくさん体験してきています。いつどこから転換してもよいのです。思い立ったらやってください。あなたが決めるだけでよいのです。間に合わないということはありません。遅いということもありません。あなたがやろうと決めたところが、スタートです。そして、いつでもやめることができます。やめるといっても、実際はただプロセスが長くなるだけです。夢を実現する方向へ一度スタートすると戻ることはできなくなります。安心して使ってください。

 あなたがこの生き方を選ぶと、予想もしないことが起きます。今まで体験したこともない挫折感を感じるかもしれません。でも、必ず出口はあります。あなたがどこまで完全に自由に思考しているか、そして、どこまで行動できるか、そのためのテスト課題と思ってください。表面上、どう見えようと一つ一つ成功していっています。そこで起きていることに決まった意味はありません。形にこだわらないことが大切です。あなたの見方がそう見せているだけなのです。今までと違う見方をするということです。否定的に見る癖があるならば、意識的に肯定的に見る訓練をするのです。

 苦しく感じたとき、ジタバタせず、そこにいてください。そこで起きていることを肯定的に見るようにしてください。あなたを止めるのはあなたです。何かしようとするとうまくいかない人や、自分のしたいことができないと悩んでいる人はスタートするチャンスです。実は、もうあなたは、スタートしているかもしれないのです。あなたが気づかないだけです。それはあなただけに分かることです。あなたが意識的に行動すると、より早く夢が実現していくということです。

 常にプラス思考をする、という言い方をすると分かりやすいでしょうか。マイナス思考をすると止まります。苦しくなります。その状況が現れてきます。でも、それは後退したのではなくて、寄り道をしただけです。

 あなたの思考によって、実現するものが決まるのです。プラス思考をしても、表面上、否定的に見えることが起きはじめたときに『やっぱりだめだ』とマイナス思考に戻ると、それは止まります。それを肯定的な意味付けで見つづけることが必要なのです。あなたのリクエストどおりに、実現します。わかりやすく言えば、プラス思考が夢の世界へとあなたを導くスイッチなのです。あなたは意識のレベルで選択していることを肉体を通して見ているだけです。体験しているだけです。あなたの意識がしゃべっていることが起きているのです。あなたが言ったとおりの体験をしています。

 これは見えない世界の法則、メカニズムです。文字通り、思った通りにすべて現実化していきます。あなたが見方を変えるたびに、実現するものが変わるのです。形になるのはタイムラグがありますが、あなたが見方を変えるたびに、あなたの現実は別の現実に置き換わっているということです。あなたの思考しだいで、いわゆる、パラレルワールドを自由自在に行き来できるというわけです。それを実行することで形になるのです。大切なのは、プラス思考をし続けるということです。あなたの生き方の癖を変える訓練をしているようなものです。そして、その結果が夢の実現なのです。

 眉に唾を付けてもらっても結構です。でも、やってみて損はありません。疑うのも、批判するのも簡単です。実際に使わなくても構いません。まずは、イメージの世界で遊んでみてください。これを信じたらどうなるか、というお話を楽しんでください。あなたが、いつもやっている『もしも』というゲームで遊ぶのです。『もしも、本当だったら』と。どちらにしても、あなたは常にイメージの世界で遊んでいるだけですから。あなたは、それを選択し、実行することで、その結果として、形としてお金も、病気も、あなたが見ているモノすべてを手にいれているのです。あなたはあなたが見えないシステムをどう使うかによって、お金でも、病気でも、ストレスでも、お好みのものを手にいれられます。あなたがどう感じようと、あなたの持っているもの、現実があなたが本当に欲しいものです。あなたは、本当に欲しいものしか手に入れられません。いらないのなら、素直に放せばよいだけです。

 実は、あなたには気づかないかもしれませんが、あなたが少しでも信じたときから、見えない世界が動きはじめているのです。あなたは今までもこのシステムの効果を体験していました。今度はそれを自分の夢を実現する方向に100%使い始めればよいだけです。

 やり方はとてもシンプルです。今のあなたにわかるような表現をするならば、『自分に正直に生きる』ということです。『自分の直感を信頼する』ということです。迷ったときに『周りの言うことよりも自分の言うことを選択する』ということです。そして、その結果、表面上、起きたことを気にしないということです。今まであなたが学んできた『こうすべきだ』『こうすべきでない』『世間様に迷惑をかけない範囲で』といった既成概念や制限、条件付けをすべて手放してください。『あるはずがない』『起きるはずがない』という判断も手放してください。文字通り「すべて」をです。

 あなたは、まだまだ体験していないことが山ほどあります。経験に、人間の成長に年齢は関係ありません。未知の世界にどのくらいチャレンジしているか、ということです。人間の成長というのは、自分のしたいことをどのくらい体験しているかが決めるのです。人間の成長という表現を使いましたが、実は、この言葉は正確ではありません。要は、どれだけ自分の責任で自由自在に振舞えるようになったかということです。

 『自己実現』というのは、文字通り『100%の自分を開花すること』なのです。『常識の範囲で』ではないのです。宇宙は永遠無限です。本当のあなたは生死時空を超えた存在です。あなたがあなたに制限を嵌めない限り、あなたの行動に制限はありません。今は、制限をはめた人たちの集団がシステムを創っています。その中での常識云々で自分を縛っている限りは、100%開花させることはできません。そのシステムを、『悪い』と判断することも今までのゲームです。単に、あなたがあなたの思い込みを捨てればよいだけのことです。あなたを殺すのはあなたです。あなたが枠の中の思考をしている限りは、枠から出られません。あなたという無限の意識を今ここで実現してください。
プロフィール

tlchiro

Author:tlchiro
 長谷章宏著 『「超自分」勝手のすすめ』 全文掲載します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。