スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 五

2011.05.21.00:06

 
 あなたは、自分の考えを持っています。人に質問しておいて『でもだってそれは』と言い出すならば、自分が正しいと思う考えを自分がやればいいだけです。わざわざ誰かに戦いを挑んで正しさを認めさせる必要はありません。正しさを強制する権利はお互いにありません。それこそ迷惑です。あなたは、その相手と何がしたいのですか?どんなゲームをしようとあなたの自由です。相手の意見を否定する戦争をしたいのですか?それも、あなたのしたいことをしていることになります。でも、あなたは、誰かに戦いを仕掛けておいて、自分は被害者だと言って助けを求めるという変なことをしています。あなたの目的は何ですか?あなたが本当に自由になりたいなら、本当に平和や幸福を望んでいるなら、やっていることが逆様です。今からでも遅くありません。そのまま続けてもますます痛みが増えるだけのこと。今やめれば痛みはあれども、その痛みで済みます。みんながやっていてもやらないこともできます。すべてはあなた次第です。

 自分のしたことが自分に返るだけです。あなたの体験したことはあなただけの現実です。全員が同じメカニズムの中にいます。本当は、誰かを傷つけることはできませんし、誰かに傷つけられることもありません。これを否定すれば、元の木阿弥です。このトリックに気づいて、やめるかやめないか、それが、あなたの人生を本当の自由な世界にするための鍵です。あなたが自分との戦争をいつやめるか、自分が怖くてしないのに誰かのせいにする誤魔化しをいつやめるかです。もし、本気で誰かのせいだと思っているなら、まずは、それが真実ではないことを認めることです。どうしてもそう思うならば、好きなだけやってください。結局は、自分が渡した痛みを自分が回収することになるだけですから、あなた以外には影響はありません。自分のしたことが自分に返るだけですから、誰も邪魔する理由はありません。自分が納得するまでやればよいのです。痛い目をみて初めてやめるのが人間ですから。

 どうするかはあなたの自由です。私は、強制はできません。ここでは、『今すぐやめることもできるのだよ』ということをお伝えしておきます。あなたの目の前に見せているこの文章がもし気になるなら、または、否定したくなるなら、それはあなたが欲しいからです。これは私の考えではなく、メカニズムであり、法則です。あなたが何と言おうとも、私は、あなたの欲しいものを外に見せただけです。やりたいなら素直にやってください。どうするかはあなた自身が選ぶことです。

 私も含めて、あなた以外の人は、自分を見る鏡として存在しているのです。誰に相談しようとも、その答えはその人にとっての答えに過ぎないのだと覚えておいてください。学者とか、先生とか、長老とか、教祖とか、常識とか、そういう形にこだわらないでください。子どもがヒントをくれることもあります。あくまで、あなたがどう感じるかを見るための鏡なのです。

 目に見える時代の変化は、その時代を生きている一人一人の意識の変化の現れです。意識の変化に気づきそれを選択できた人から、スムーズに新しい時代を生き始めることができます。古い生き方に固執するのもまったくの自由です。ただ、言えることは、それを続けているとどんどん苦しくなっていくということです。変化に抵抗するのは自由ですが、結局は、あなた自身が変化を認めるか認めないかです。でも実際は、わかっているけれども変わるのが怖いから抵抗しているだけに過ぎません。『そうではない』と言ったところで、それも同じことです。要は、あなたがどこで切り替えるか、古いものを捨てられるか、ということです。あなたが素直にやれば心配していたことが馬鹿らしくなるほど、もっと早くやればよかったと思うほど、簡単なことだとわかります。あなたがやらなければ体験できません。あなた以外の人は、その人の体験を語ることしかできません。決めるのはあなたです。
 
 このプロセスで起きることは、一人一人違うということを覚えておいてください。あなたが何をしたいのか、今まで何を制限していたか、何を恐れていたか、あなたの周りの人達の考え方はどうか、あなたが今どんな状況にいるのか、それぞれの具体的状況によって起きることも、解決のヒントも違うのです。そして、プロセスが進むにつれて、その状況もどんどん変化していきます。その瞬間瞬間で、起きていることを見てください。その瞬間の出来事をどう見るか、ということです。あなただけでなく、あなたの周りの人も含めてアドバイスする必要があるような状況も起きます。

 この生き方は、すべての既成概念を根本から引っ繰り返すものであることを知っておいてください。つまり、これからは、今までとは全く逆の発想をする必要があるということです。これは、私がお教えするまでもなく、本当は、一番深いところでは、誰もがすでに知っていることです。あなたは、今までの世界で自分を生かす上で不都合なものを、アレコレと理由をつけて、潜在意識という便利な言葉を使って押し込めてきました。そして、今のあなたの人生に至るまでの長い年月をかけた生まれ変わり死に変わりの体験を繰り返しながら、いつしか、自分で自分にフタをしたことすらも忘れてしまい、自分の人生で起きるトラブルの原因がすべて、逆様の生き方をしていた自分にあるとは考えもしなくなっています。でも、病気も含めた、すべての問題の本当の原因は、あなたが、本当の自分を封じ込めていることにあるのです。あなたのストレスの本当の原因を知り、「すべての」トラウマを解消しない限り、あなたは完全なる自由の体験はできません。

 あなたが本来の生き方に戻るにあたっては、まずは、あなたの本音の部分、いわゆる潜在意識にあるものをすべて見ていくことになります。それは、九分九厘逆様の生き方をしている今のあなたにとっては、とんでもなく厳しいことですが、あなたという人間の正体、つまりは、本当のあなたを思い出して、100%正直にその自分の言うことに従わない限り、あなたはこの先、どんどん苦しくなっていくということだけは覚えておいてください。自然の法則に逆らって自由になろうとしても、創造のメカニズム上、絶対に不可能です。

 この生き方をする時に思い出してほしいことは、『人間の本体は「肉体そのもの」ではなくて、「意識そのもの」』であるということです。言い換えれば、『肉体が意識(心)を創っているのではなくて、意識(心)が肉体を創っている』ということです。『肉体の中に意識があるのではなくて、意識の中に肉体がある』ということです。本来は一つである意識が自らを「自分」と「自分以外」に分けて、「自分」だと思っている意識に肉体という服を着せて、その結果体験してきたことが、あなたの現実であるということです。要は、あなたは肉体そのものではないということです。言い換えれば、あなたは、宇宙の意識の一部、地球の意識の一部であり、同時に、宇宙そのものでもあるのです。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

tlchiro

Author:tlchiro
 長谷章宏著 『「超自分」勝手のすすめ』 全文掲載します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。