スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.20.13:35

 全員が死なないなら、そこは天国です。弱肉強食のサバイバルの最後の一人は自分を食べるしかないのです。本当のサバイバルに弱者保護の暇はありません。自己保存が人間の本性ならば、それはマヤカシです。否定するのも、批判するのも簡単です。でも否定や批判は、それ自体が、自分の都合で自分の自由を殺していることになります。自由になりたいけれど箱から出るのは怖い、奴隷になりたくないけど自由は怖い、自由になりたいけど誰かに命令して欲しい、自由になりたいけど一緒にいたい、という矛盾。お互いに同意の上ですから、それも自由ですが… 。誰かがあなたをとめているのではないのです。『自分が自分をとめている』のです。これを認めるか認めないかが、本当の自由への分かれ道です。怖い怖いと抱き合っていても自由にはなりません。まだそのゲームを続けますか?

 あなたの体験を決めるのはあなたです。あなたの現実を創ったのはあなたです。自分が創った現実を理由にして『〇〇があるからできない。』と言っている自己矛盾、自分の現実を使って自分を制限するという一人芝居をしていることに気づいていますか?気づいていて続けるなら、それもあなたの自由なのですが。

 人生には、実際は、過去も未来も存在しません。現実というのは、一つの、永遠なる、今の瞬間の連続です。体験の連続があなたの人生です。あなたの現実は、あなただけの現実です。自分のフィルターを通して見た自分の体験についての見解です。あなたの選択が作ったお話です。誰かが参加するかしないかはその誰かの自由です。そして、あなたが誰かのゲームに参加するかどうかも自由です。義務や権利は幻想です。『しなければならないこと』もありません。常識や倫理や道徳云々という概念も、法律も、すべて、怖い怖いゲームをしている人たちの集団が、抜け駆けをさせないため、自分だけが置いていかれないようにしておくために作った決まりに過ぎません。実際には、何の強制力もありません。全員が監視しあっているのは自由ですが、誰も自由にはなりません。俗に言う「この世」の生にしがみついている限りは、どんどん不自由になっていくだけです。本当は、『人生は一度きり』なのでも、『死んだら終わり』なのでもなく、あなたの人生は『肉体の有無に関係なく続く』というのが真実です。本当のあなたには「死」という現実はありません。

「恐れ」は今まで教えられてきたことを材料にして、あなたが勝手に作ったものです。「死」というイメージを作っている材料はどこから仕入れたのですか?それは絶対に正しいですか?すべては、あなたが決めたことです。あなたと最後まで一緒なのはあなただけなのです。あなたが見たものだけが存在するものです。あなたが体験したことだけが真実です。誰かが言ったことは、うわさです。本当に体験したのか、イメージだけの話しなのか、あなたには確かめられません。あなたがあなたの都合で信じているだけです。

 あなたのことをすべて見ている、過去も未来も知っているもう一人のあなたがいます。あなたの相談に乗れるのは、あなただけです。自分がどうしても分からなくなった時は、あなた以外の人に相談してみてください。そして、その答えをあなたがどう感じるか、をみてください。そして、その答えをあなたがどう感じるか、を見てください。それに正直に同意できるか、反発を覚えるか。あなたの心の中で見てください。それが、あなたの答えです。自分にとって何が大切か、自分にとって何が必要か、あなただけが知っているのです。あなたの外は鏡です。あなたの内にあるものを確認するための鏡です。誰かが言ったことを選ぶかどうかはあなたの意思次第です。『誰かが言ったから』という理由であなたが選んだことも、その結果はあなたの責任です。責任は自分にしかありません。それが真実です。

 死んだら困るから、持っているものを失いたくないから、どんな理由であれ、それもあなたの選択です。要は、あなたは、苦や痛みを体験したくないだけです。つまり、あなたは自分の都合ですべてを選んでいるのです。そして、この考え方を否定すること自体もあなたの都合です。どう言い繕おうと、あなたの責任は動きません。自分以外のいかなるもののせいにしようとも、すべてが自分の選択である限り、すべてが冤罪となります。自分のしたことを自分以外のせいにしているあなたが、すべての苦を作った張本人です。あなたが、自分の現実を何かのせいにしている限り、あなたは自由になりません。それどころか、最後は、あなたは何もできなくなります。これを信じるかどうかは自由ですが、その時になってからシマッタと思っても、遅いのだということだけ、ここでお伝えしておきます。

 私には、あなたに具体的に何が起きるかは言えなくても、どんなメカニズムで、どういう状況になるかは、言えます。あなたがあなたのしたことに全責任を負うならば、あなたは本当に自由になります。これはつまり、今まで自分以外のせいにしたことに関しての冤罪の償いは避けられない、ということです。奪ったものは返す。まずは、ゼロに戻すまでは本当に自由にはなりません。これを逃げて自由や幸せや天国を追いかけるならば、あなたは、あなた自身を地獄に誘うことになります。どんな理屈を持ち出そうとも、このメカニズムは毛ほどの狂いもなくあなたの現実に働きます。

 常識も前例も、すべては真実ではありません、あなたがあなたの人生の責任をあなた以外の人や状況や常識や神や仏や… に預けても、それを続けるほどあなたはどんどん動けなくなります。みんながやっているから、といつまでもそこにしがみついているならば、その結果を身をもって知ることになるのはあなた自身です。あなたが、今までのウソの世界から抜け出すか抜け出さないか、の選択です。誰のためでもありません。あなたのためです。自分を自由にするために誰かの自由を制限するならば、それは自分だけの自由です。それが絶対法則ならば、天国も平和もないことになります。でも、天国や平和な世界を想像できるということはどういうことでしょうか?『平和は望むけれども、現実はそうはいかないから』というセリフの矛盾を解消しない限り、その通りの現実にい続けます。

 すべて、あなたの言った通りになっています。それが創造のメカニズムです。あなたが言うことを、言い換えれば、あなたが自分の持っているルール(思い込み、法則、基準)を変えない限り、作り出される結果は変わりません。それどころか、どんどん箱の中に入っていくことになります。あなたの心をすべて見ることができるのはあなただけです。あなたが、誰かの心を推理したとしても、それは、あなたの心そのものです。あなたが何かを言うときは、それは、あなたの心の中を公開している事になります。どんなに心を隠そうとしても、そうはいきません。あなたは、自分の思いを形にすることで現実を作っていきます。あなたは、自分の勝手にしか生きられません。『強いられた』『せざるを得ない』、つまり、それしかない選択はありえません。死んでもいいなら何でもできます。でも、死にたくない、人間だれでもそうだ、という条件をつけると動けなくなります。その条件すら、あなたの選択であることを認めない限り、あなたは完全に不自由になってしまいます。自分が自分にはめている罠に誰も気づいていないとしたら、あなたには、どこを探しても自由になる方法は見つけられません。私が何故こんなことが言えるのか、よくよく考えてみてください。 
 
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

tlchiro

Author:tlchiro
 長谷章宏著 『「超自分」勝手のすすめ』 全文掲載します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。